介護の不安を解消できる「安心介護」専門家に無料で相談

安心介護トップ > 介護日記 > kumi283さんの日記

kumi283さんの介護日記

会員登録
はじめての方へ

ログインはこちらから

日記を投稿する

公開

2018年08月10日 軽度認知症

投稿者:kumi283 ゴールド会員

舅では付き添いがムリになり、6月から主人が姑の精神科を付き添い。今日、初めて私も同行。
ここ数回、診察前に最近の様子を文書で渡し、それを見ながら診察。そして、姑もいるなか軽度認知症と言われました。
私と主人の感想……あんな行動をするのに軽度認知症!主治医曰く、最初はうつを疑っていたけれど、すべてが物忘れからきてるからだそうです。考えてみれば確かに。

しかし、帰ってきてから、鍵を付けた(自分で付けろといったんですよ)納戸を開けろと、主人にくってかかったようです。しかも缶切り持っきてガチガチやらかして。前にもやったようです、曲がっていて変だなと思ったから。

過去の日記に変化が出てから、色々書いてきました。日曜からアリセプト5ミリになります。担当医に、興奮が増えたら……と聞いてみました。多分、大丈夫だと思いますよと。長年、診ていてのことだと。少しでも改善することを、願うばかりです。

そして、明日は、実家に父の新盆でお坊さんが来てくれます。

2018年08月10日 17:15

あなたの感想を投票しましょう

この日記へのコメント

kumi283さんからの返信(2018/08/10 18:30) ゴールド会員

ヒメプリさん、お返事、アドバイス、ありがとうございます。

脳トレや高齢者用の数字の点つなぎなど、数冊プレゼントしましたが、その本さえも、今はどこへやら(涙)良かれと思いやっていることが裏目に出てばかりです。姑のもともとの性格が悪いため、厄介です。

来週からのデイサービス(認知症対応)週2日(通院している系列です)で、人との関わり、リハビリで少しでも改善があればと思います。

コグニサイズ、初めての単語(汗)調べてみます。

ヒメプリさんからのコメント(2018/08/10 17:55) プラチナ会員

kumi283さん はじめまして

我が家も軽度認知症の頃は易怒症が激しく対応が大変でした。
その頃、現在の知識があればもっと状態が改善していただろうと
思うことが多々あります。

精神科の医者は必ずと言ってよいほどアリセプトを処方します。
それで興奮が収まらないときはセロクエルや他の安定剤を処方します。

パターン化してるみたいです。要は治らないと思っているのでとりあえず向精神薬で進行を遅らせばって感じです。

外国ではアリセプトは禁止薬物になっているというのにです。
薬に頼らず脳とレ(コグニサイズetc)で回復に務められたらどうでしょうか。

以前、主任介護支援専門の方と話したことがありますが軽度認知症の段階なら回復プログラムを実践すれば回復する可能性があるんですと言われたことがあります。

だけど殆どの医者はそれを認めない、あくまで向精神薬を処方して結局のところ周辺症状のみ対象にして根本的な治療をしません。
と言われてました。

kumi283さんがどちらを選んでも良いとは思います。
易怒症が激しくなればそれはご家族にとってとても辛い状況になります。なので安易に向精神薬に頼ることがあってもそれは仕方ない事だと私は思います。

最初 << 1 >> 最後

とじる

※ 会員登録する前に、利用規約個人情報保護方針をご確認ください。

既に会員の方はこちらからログインください。