介護の不安を解消できる「安心介護」専門家に無料で相談

安心介護トップ > 介護日記 > もおちさんの日記

もおちさんの介護日記

会員登録
はじめての方へ

ログインはこちらから

日記を投稿する

公開

2018年07月12日 介護の大変さが体に。

投稿者:もおち プラチナ会員

このところの父。

立てない、歩けない、出来ない、、。

パーキンソン病だから仕方ないにしても、薬も効かなくなってるのか本人がやる気ないのか、やってもらって当たり前の気持ちがもともとある人だからなのか。

私の腕には父に掴まれた指の形をしたあざが、昨日は左の指を父が急に倒れた際に支えた時にひねったのか、伸ばすと痛む。

母や父に言っても、
「私も、痛い。」「俺も痛い。」って。

確かに母の右手も毎日の介護でなのか、左手より大きい。
形も変形とまではいかないが、
普通と違う。

介護はいつまで続くのかわからないって言うけど、自分の体はいつまで持つのかもわからない。

デイサービスを利用しても朝の時間、帰ってきてからの時間、
ショートステイに行く前と帰ってきてからの暴れ方は体も心も辛い。

特別養護老人ホームには申し込んであるものの、順番がくるまでまだ先らしい。

有料老人ホームに行くお金もないので、、、家が老人ホーム。

今週、通院日。

今の状況を父や母には内緒にして、医師に話してみようかな。

ほんの少しでもいい。

ちょっとでいい。

体への負担がなくなれば。

2018年07月12日 07:16

あなたの感想を投票しましょう

この日記へのコメント

まだコメントがありません
とじる

※ 会員登録する前に、利用規約個人情報保護方針をご確認ください。

既に会員の方はこちらからログインください。