介護の不安を解消できる「安心介護」専門家に無料で相談

安心介護トップ > 介護日記 > yumeママさんさんの日記

yumeママさんさんの介護日記

会員登録
はじめての方へ

ログインはこちらから

日記を投稿する

公開

2018年04月16日 父親 ペリカン君と戦う

投稿者:yumeママさん プラチナ会員

さてさて、入院してから小ボケから大ボケに移行している父親。
戦っている相手がいます。

通称ペリカン君、……拘束手袋のひとつで昨日は普通の拘束手袋でしたが、きっと器用に外したに違いありません。
んでペリカン君登場!フワフワ綿入りで手首のスナップも特殊です。

目が開いてる間はずーっと戦っています。
「これが取れんのじゃ」
「本当これはしばらく付けといて、緑でカッコいいよ」
「ほうか〜……でもなぁ」

次は机の上の紙と戦います。
ここは○○病院です、今日は四月です。
「これが違うんじゃ!ここは○内科なのに」……訪問医にもなってる父の日常の主治医です
「そうか○○先生来ないね〜聞いておくね。病院あってるかね〜」
「聞いといてくれ」「はーい」

そして又我に返りペリカン君と戦ってます。
食事も始まり、さぁ頑張れ父ちゃん……ペリカン君とは後2ヶ月程戦います。
座れるの許可されたら、院内散歩、車椅子で行こうね。

2018年04月16日 22:13

あなたの感想を投票しましょう

この日記へのコメント

yumeママさんさんからの返信(2018/04/17 07:43) プラチナ会員

はんさむかあさん おはようございます

いやいや一喝入れて貰ってありがたいですよ〜父親視点で視野狭くなってます今日この頃でしたから。

相談員にも、○○さんせっかちだね〜と言われつつ、イヤイヤ貴方に随時連絡してたのに、とちょうちょうはっちょうしながら2時間程話し、着地点を見出した感じです。
訪問医からすれば、うちの病院は最終手段の段取りで、私にしてみれば、まず運ぶ最初の手段になるって違いが大雑把な私の感想で、難しい。

ペリカン君!私新発見でした、うちは救急なので普通のミトン型しか無くて、看護師さん達は、そりゃ外したな〜っと笑ってました。
はんさむかあさんも苦労されたみたいで、患者さんもそうか考えているんだなーと思いつつ、余りの可愛さに笑っちゃいましたが、第1印象。
……ごめんなさい、人の気も知らずでしょ。父親の真剣な戦いにまぁ拘縮にならないからいっか運動になるなと思ってます。鬼娘本領発揮です。

これからも見放さず、喝!張本さん並みに出して下さいね〜

はんさむかあさんさんからのコメント(2018/04/16 23:33) プラチナ会員

yumeママさん
昼間は、キツメのコメントで失礼しました
貴女のことだから、うまくまとめると思ってたよ
上手く回復するといいですね。

私も急性期病院でペリカンと闘いました。
大人しくはめられてたら、拘縮しそうで指の曲げ伸ばし励行、グー・パー・グー・パー・・・ピコン!ピコン!・・・「もう!!じっとしててください!!」
パルオキシメーターが外れるたびに、叱られてました。
お父さんにも頑張ってもらってください。

最初 << 1 >> 最後

とじる

※ 会員登録する前に、利用規約個人情報保護方針をご確認ください。

既に会員の方はこちらからログインください。