介護の不安を解消できる「安心介護」専門家に無料で相談

安心介護トップ > 介護日記 > 金魚鉢さんの日記

金魚鉢さんの介護日記

会員登録
はじめての方へ

ログインはこちらから

日記を投稿する

公開

2017年09月28日 介護資金の捻出

投稿者:金魚鉢 レギュラー会員

実母名義の、猫の額ほどの小さな土地は
私が8歳の時、実母の死と共に名義が私になりました。
それを知らされたのは、10年前…実父が亡くなる時…。
何と…30年以上もの長い間、父はその土地を黙って守っていたのです。

父から知らされて10年…。

私が10歳の時に嫁いで来た継母は、今は認知症を発症して…どんどん進行していく。
これからお金がたくさん必要になる…。
介護の為、この歳で社員を辞めてパートになった私には、もう纏まったお金を稼ぐ事は出来ません。
…どうしよう…。

悩んで悩んで…実母の土地、父が守り抜いた土地を…手放す事にしました。


そして先日、買い手がついたと、不動産屋さんから連絡があり、ホッとした反面ものすごい罪悪感に襲われました。
これで良かったのか?もっと良い方法は無かったのか?
大好きな亡き実父母が、身を削って私に残してくれた…小さな土地。
何だか、もう一度…実父母との別れのように感じて、胸が痛みました…。




住んでいる場所と土地は遠く離れていたので、Googleマップのストリートビューで見てみたら…
誰か知らないけれど、その土地で家庭菜園をしていました。
私達は土地税を支払っていただけで、その誰かは許可も無くタダで家庭菜園です。

そんな事になっているなら…と、苦渋の決断で…これからの継母の介護資金になればと、大事な土地を売ってしまった私は…間違ってるかな?

今更戻れないけれど。



お父さん、お母さん、不甲斐無い娘でごめんなさい…。
後何十年かして、私がそちらに行ったら…お小言いっぱい聞きますから。
今は、どうか許して下さい…。

2017年09月28日 00:14

あなたの感想を投票しましょう

この日記へのコメント

黄とまとさんからのコメント(2017/09/29 09:08) レギュラー会員

大変な決断でしたね。
土地のことはよく分かりませんが、金魚鉢さんにとっていい使い方になったと思えるようになりますように。
買い手が付いた、って素晴らしいです。とても良いこと。
お父様とお母様は、怒りませんよ。
それで金魚鉢さんが助かるならお喜びになってると思います。

余談ですけど、母が住んでた家を売りに出しても長いことまっっったく売れずに
かなーり値下げして、ようやく、でした(笑)

ぶうぶうさんからのコメント(2017/09/28 07:18) ダイヤモンド会員

金魚鉢さん、苦渋の選択でしたね。でも、私は間違っていないと思います。きっと天国のおかあさまもおとうさまも、金魚鉢さんが継母さまを思ってしたこと、、「優しい子に育ってくれた」と喜んでいらっしゃると思います。

伊賀上野さんからのコメント(2017/09/28 01:14) プラチナ会員

いいえ
親御さん達が自分のために残したと考えませんか?
今の法律とか考えたら当たり前の行動ですよ。
年取ると認知含めてわやわやですが
無料で国が面倒見ない以上そうやってなっていくんです
うちも今なら売れる土地家屋。きっと私が相続したときは
1/3になってます。それでも売る気の無い旦那。

最初 << 1 >> 最後

とじる

※ 会員登録する前に、利用規約個人情報保護方針をご確認ください。

既に会員の方はこちらからログインください。