介護の不安を解消できる「安心介護」専門家に無料で相談
  ニュース  

安心介護トップ > 介護日記 > 開福々子さんの日記

開福々子さんの介護日記

会員登録
はじめての方へ

ログインはこちらから

日記を投稿する

公開

2017年09月26日 義弟夫婦はケアマネの傀儡

投稿者:開福々子 レギュラー会員

昨日も、お義父さんから旦那に何度も電話がある。

鍵がないだの、健康保険証がないだの、泥棒が入っただの、お義母さん(入院している)が居ないだの

そのたんびに、私の携帯にも電話やら、ライン

昨日は夜に10時なのに仕事終わってから舅の所まで車をとばす主人

義弟はお義父さんの電話は無視と決めているのに対して、長男である旦那は、優しいのかなんなのか、気になってしょうがないようだ。
認知の人の言動に振り回されるなって、私も思うのだが。。。

もう、主人は身体的にも精神的にも疲れてしまっているようだ。このままだと、倒れてしまう。

近隣の住民や役所まで、迷惑をかけるようになってきた。
その事は役所の同じ敷地にある地域包括支援センターにも知られている。

だから、私は要介護認定に踏み切った。
…が、ここでお義母さんのケアマネの待ったがはいる。今のままだと支援1、2しか取れない
もっと悪くなるまで待てだと?!
このままやと、旦那の方が体壊すわ!!!

お義母さんの病院選びでも、ケアマネのダメ出し
を聞いた、義弟の嫁は『私なら口コミや近所評判聞いて選びます』って態度が変わる
はぁ〜てめえ、最初は『近いから舅が通いやすいわ』って言って喜んでたくせに!
一応、ここの病院がよいか?って聞いた時にいいですって言ってましたよね〜〜

ケアマネに、私の方が介護の仕事に向いているとか言われたとか

お義母さんがトイレ行きたいって言われても、介助ができませんって断ったのに?
『汚い仕事でしょ?やりたくなわ〜(笑)』
(その言葉、介護をしている人、全員敵に回したわ)

住宅改修にしても、病院側からの待てが出たのにケアマネが申請に遅れるからと、義弟夫婦と勝手なリフォーム決めてしまうし

ケアマネが言ってた。ケアマネが、ケアマネがケアマネがって
信者か!
お前らの考えはないんかい!

そして、ここにきてお義父さんの要介護認定にも口出し。

義弟夫婦には、
『隣のよしみやから、姑が帰ってきても時々見にいってあげる。
本当なら、認知のお義父さんの被害妄想で『泥棒が入った』って騒ぐような人のケアマネなんか引きあけたくないけど、引き受けるんですよ』

好意でやっている、親切でやってあげている
とほざいているそうです。

この間、私が大人しいのをいい事に調子をこいた義弟の嫁がつらつらと暴露してくれました。

もうね、介護の知識がないのをいい事に
義弟夫婦は、ケアマネの傀儡になっています。

目を覚ますのにはどうしたらいいですか?

追記

主人は、とうとう怒って(遅いんです)
目が覚めて動いてくれるみたいです。
地域包括支援センターに、相談するようです。
私は、これ以上、でしゃばらず応援に徹します。

Q&Aでは、
地域包括支援センターに義弟夫婦と一緒に行って説明を聞いた方がいいと思いますって
私もそう思います。

2017年09月26日 08:27

あなたの感想を投票しましょう

この日記へのコメント

開福々子さんからの返信(2017/09/28 05:45) レギュラー会員

ふうふうさん、ありがとうございます。

お父様とお母様のケアマネが違うのですね。

違ってても不都合とかありませんか?
義弟夫婦とケアマネはややこしくなるとかなんとかって一本化かにしろとか言ってきます。

なんとか、お義父さんだけでも、あのケアマネだけは阻止をしたいと思っています。

義弟夫婦には、今は何を言っても無駄です
ケアマネに毒されていますから…
多分、地域包括支援センターに連れて行くのも至難の技でしょう

開福々子さんからの返信(2017/09/27 21:35) レギュラー会員

ふうふうさん、ありがとうございます。

お母様の担当違うのですね。
それで、大丈夫ですか?ややこしいとかありませんか?気になります。

義理母は可哀想ですが、義弟夫婦に囲まれているので難しいですが、お義父さんのほうは阻止したいと思います。

ぶうぶうさんからのコメント(2017/09/26 11:13) ダイヤモンド会員

こんにちは。私もそう思います。地域包括センターに相談にいって、お義父さまの介護認定の申請をしてもらったほうが。うちは父のケアマネさんと、母の担当とちがいますよ。 義弟さんたちがしっかり目を覚ますように、祈っていますね。

最初 << 1 >> 最後

とじる

※ 会員登録する前に、利用規約個人情報保護方針をご確認ください。

既に会員の方はこちらからログインください。