介護の不安を解消できる「安心介護」専門家に無料で相談
  ニュース  

安心介護トップ > 介護日記 > ふうりんさんの日記

ふうりんさんの介護日記

会員登録
はじめての方へ

ログインはこちらから

日記を投稿する

公開

2017年09月25日 今日の占いは

投稿者:ふうりん ゴールド会員

テレビでは、最高はさそり座、ラジオでは11月生まれは三十マル、
11月生まれのさそり座は、最高だと、朝から意気揚々としていた。
なのか良いことあるのだな、と。

だけどそれは束の間で、あることで一気に不安の底へ落された。

ずっと右肩が上がらず、
まあ、50肩だろうと、そのうち治ると、私もそういう年だと思っていた。

病院へ行くでもないだろう、と勝手に自己判断し、
やり過ごしてきた。

だけど最近痛みがきつくなり、生活に支障をきたしてきて。
肩から上腕はもちろん
腕から手先までずきずきしてきた。


重い腰を上げて整形外科へ行ってきました。

レントゲンを撮り、
「異常ないですね、50肩です、リハビリをしましょう」
こうなるだろうと、これまた自己判断で推測していた。

が、
「レントゲンに白い塊が見えます、カルシウムの塊ですね。これが炎症起こしているのでしょう。」
これが痛みの原因、痛みが強いでしょう、と。

見れば、肩の骨、連結の間に白い塊。
「カルシウムの塊は取ることはできないのですか?」
との問いに、
「できないですねー、仮に手術をすれば(するほどでもないが)リスクの方が大きいでしょう」と。

「シップとお薬(ロキソニン)を一週間分出しておきますから、様子をみてください。また来てください」と。

肝心なことを聞くのを忘れた。
塊はあっても痛みさえ引けばよいこと。
この炎症(痛み)は引くのか。
薬による一時しのぎではなく・・。

一週間一日三回ロキソニンを飲むなんでできない。私的に。
それほどまでして痛みをころして、
根治になるのか、つながるのか。

以前ある時期、よく頭痛がして、罪悪感でいっぱいになりながら仕方なく鎮痛薬を飲んだ。
飲めば痛みは治まるが、どこかにつけが出る。
鎮痛薬飲み続けると頭が正常でなくなる感覚がする。

右肩から上腕、手首まで辛くて、夫の介助が辛い。
夫の全体重を支えてきたのは右手。
一番酷使してきたのは、右手、右肩。


最初、問診の紙を書いた。
何をしていて症状が出ましたか?との問いがあった。

スポーツ、仕事(仕事の内容)、家事、いろいろ書きようはあるけど、
こういうとき、介護って書くのかな?
迷ったが、介護と書くのをためらった。
なぜか悲壮感漂う。

夫に言ったら、
「診てもらえたの?お薬もらえたの?よかったね」だと。

この人は、病院でお薬もらえば大抵の病気は治ると思っている。
腹が立った。


気持ちがいっぱいいっぱいだ。
辛くてもやらねばならない。

だれかが言ったね。
「あなたは一人じゃない」と。
なんかその言葉無責任。

ワタシは一人。
だれも来てくれない(あまったれるんじゃない、という話だが)。

2017年09月25日 21:04

あなたの感想を投票しましょう

この日記へのコメント

まだコメントがありません
とじる

※ 会員登録する前に、利用規約個人情報保護方針をご確認ください。

既に会員の方はこちらからログインください。