介護の不安を解消できる「安心介護」専門家に無料で相談
  ニュース  

安心介護トップ > 介護日記 > マンサクさんの日記

マンサクさんの介護日記

会員登録
はじめての方へ

ログインはこちらから

日記を投稿する

公開

2017年09月24日 孫が帰り、母が帰ってきました。

投稿者:マンサク レギュラー会員


夕方迎えに来たパパと帰るM君を見送り、程なく施設の人に手を引かれ母が帰ってきました。

「お帰り」と迎える私を見ても、ポカンと見るだけで無表情でここは何処と言わんばかりに立ち止まり、自分から中に入ろうとはしない。

いつもの事です。


私の顔を見てほっとしたように「ただいま」と言っていたのは何時ごろまでだったのだろう。



帰って真っ先にするのがトイレの誘導。

リハパンのパッドがずっしりと重いことも多々あるのでこれは欠かせません。

この頃はトイレに連れて行ってもちゃんと座らせるのが一苦労。

普段何気なく使っているトイレも、入ったら体を回転させ、正しい距離と向きで後ろ向きに立ち、ズボンやパンツを下ろしてから座るという工程が必要。

それをやらせるのに大きな声で何度も言い、文字通り手取り足取り。
ズボンのまま座ろうとするのを抱え上げ、後ろから下げようとするも腰が引けてるせいかちゃんと下ろせない。
あれ?と思いつつよく見るとなんと母がしっかりとズボンの前を掴んでいるのです。

脱力です。

この頃はそれが癖になっているのかよくしっかりと抑えているので、私の声も大きくなってしまいます。
早く座らせないとポタポタと始まってしまうのですから。


2017年09月24日 22:48

あなたの感想を投票しましょう

この日記へのコメント

マンサクさんからの返信(2017/09/25 18:21) レギュラー会員

まんなかさん、早速のコメントありがとうございます。
まんなかさんの日記をまだ少しですが読ませていただきました。
私も実母との確執や愛情に翻弄され、自己嫌悪を繰り替えす毎日です。

今はいろいろ迷っていますが、自分の人生を大事にしようと思っています。

まんなかさんからのコメント(2017/09/25 10:28) シルバー会員

マンサク様
はじめまして

我が母親もデイやショートから帰って来た時に無表情が多くなりました。
ひどい時は車椅子で座位が保てず、身体が傾いた状態の時もあります。
見ると悲しくなります。

毎回今日はどうかな?元気で帰って来れるかな?

私の顔を見て少しでも笑顔がでると、ホッとします。

最初 << 1 >> 最後

とじる

※ 会員登録する前に、利用規約個人情報保護方針をご確認ください。

既に会員の方はこちらからログインください。