介護の不安を解消できる「安心介護」専門家に無料で相談
  ニュース  

安心介護トップ > 介護日記 > もも0047さんの日記

もも0047さんの介護日記

会員登録
はじめての方へ

ログインはこちらから

日記を投稿する

公開

2017年09月24日 ばばの言葉の重み

投稿者:もも0047 プラチナ会員

  
  今回夏ばてと軽いうつなのでコメントは控えて読むだけにしてください。
  読みたくない方はスルーしてください。  


  昨日は母のきつい言葉から痛みが強くてユーチューブで歌聴いてました。
  朝からも痛みが強かったので、座薬と痛み止めの2段使いで
  寝てたら昼すぎるとこだった。

  親は2年間抗がん剤飲んでしんどいのに励ます言葉すらなくて
  その影響で糖尿病になりインシュリンしかダメだと言われて
  インシュリンは太るんですよね。
  今吐き気止め飲みながらの痩せる注射はできないし
  運動も夕方は食卓の用意や一人にしておけないばばがいるしで
  「太りすぎたら倒れても助けてくれへんぞ」
  父はそれしか言わなくなってきた。
    
  ばばはデーでカラオケ聞くのいやだったら、
  塗り絵もってきてくれよんと色鉛筆もって
  介護士さんに言えるしっかりものですね。
  他の行事もある土曜日だから母は当分様子見るつもりです。

  ばば長生きしたと思うって聞いたら「90歳超えたらそうやろな」
  「今97歳よ」っていったら「100歳こえるわ」とかえってきた
  しっかりしてるのかぼけてるのかわからないばばです。

  「私ばばより先いったらダメよね」
  「何いうてんの若いのに」とたしなめられました。
  「親がうるさいもん、しんどくなってきた」「ばばに言うたらいいねん」
  「お母さんに病気あるから優しいにしたれって」言うたろうかって
  いってくれたけど
  母がきついからダメだろうな。

  「一家の家で喧嘩してたらあかんねんほっといたらいいねんばばにいい」と
  今日はしっかりしたばばでした。
  でも明日デーかなといってるから年相応にぼけてるね。

  ばばがいなかったら私は生きてなかったよ。ありがとうね。
  「○○ちゃんがいないと私はさみしいよ。
  いないとき昔の辛いことを思い出してしまうから」
  編み物したり片付けたりしてるんだといっていました。

  97年いきたばばの言葉には重みがありますね。

2017年09月24日 22:09

あなたの感想を投票しましょう

この日記へのコメント

まだコメントがありません
とじる

※ 会員登録する前に、利用規約個人情報保護方針をご確認ください。

既に会員の方はこちらからログインください。