介護の不安を解消できる「安心介護」専門家に無料で相談

安心介護トップ > 介護日記 > 長男の介護さんの日記

長男の介護さんの介護日記

はじめての方へ

ログインはこちらから

公開

2017年09月11日 無縁仏になった叔父

投稿者:長男の介護 レギュラー会員

遠方に住んでる母方の叔母と電話。
母のちょうど一カ月前に亡くなった
叔父のお墓の事を聞いたら
墓は建てずに無縁仏の合祀墓に
埋葬したと聞いた。
叔母にはいとこの娘二人がいるが
二人とも嫁いで家を出てる事、
そうすると叔母一人になり、お墓を守る
人が居なくなるのでその様にしたと
話してくれた。
自分もゆくゆくそうなるのかと
なんとも寂しい気持ちになった。

2017年09月11日 15:19

あなたの感想を投票しましょう

この日記へのコメント

バンプさんからのコメント(2017/09/11 23:33) レギュラー会員

こんばんわ。
まずはお母上さまのことでは今もあれこれと思うことがありますでしょう。どうかご自愛くださいませ。

無縁仏という言葉からくる「悲しみ 淋しさ 」ですが……実は随分まえに父をなくしたのですがいまだお寺さんに預けてます。
自分は未婚ですし
墓もりとかゆくゆく考えると、合同婢か、いまは樹木葬とか…お墓にくくられない色んなかたち方法があるようです。
以前お坊さんに「無縁仏」について伺ったことがありまして。
お坊さんは
「仏に縁のないことはありえないです」とおっしゃっていました。
つまりそもそも御仏さまに「縁」があってこの世に生まれてきたのだからと。
父には申し訳ないなとおもいつつ
でもいま介護してる母を頑張って笑顔忘れないようにするから…ごめんね。と。
でももうじきお彼岸だったり……お墓ないとやっぱり寂しい思いは正直あります。
「千のかぜになって」
見守ってくれてるんじゃないかと
思ってます。
同じ歳くらいの
そしておなじ長男。
なにか共通する思いにかられてレスしました。

最初 << 1 >> 最後

とじる

※ 会員登録する前に、利用規約個人情報保護方針をご確認ください。

既に会員の方はこちらからログインください。