介護の不安を解消できる「安心介護」専門家に無料で相談
  ニュース  

安心介護トップ > 介護日記 > きゃらさんの日記

きゃらさんの介護日記

会員登録
はじめての方へ

ログインはこちらから

日記を投稿する

公開

2014年02月13日 特養入所

投稿者:きゃら レギュラー会員

要介護3になって、すぐに、特養入所の声が施設から、かかりました。
徘徊、妄想、せん妄、夜昼逆転、など、8年間母の介護に、ほとんどの時間を費やしてきて、私も家族も、別居の在宅介護に限界を感じていましたが、まさか、こんなに早く?戸惑いました。
認知症の記憶障害は、だいぶ進んでいるものの、まだ歩け、私たち家族のことも分かる母。
車イスがほとんどの方ばかりの中[特養]でやっていけるのか?
今まで、毎日デイサービスを利用させてもらって、沢山の体験の中で暮らしてきた母だけに、心配です。

しかし、ずっとデイサービスやショートステイでお世話になってきた施設からの今回の声かけ。有難たく、お受けしたいと思います。別居で暮らす私が、母のところに、入り浸り、家に残した家族を気にしながら、介護を続けるよりも、寒い冬も暖房の整った中でプロのヘルパーさんにお願いする方が母のためだと思いました。

今までの、在宅での大変だった日々が走馬灯のように思い出され、機嫌の良い日中の少しばかりの母の笑顔が思いだされ、涙があふれます。



2014年02月13日 15:49

あなたの感想を投票しましょう

この日記へのコメント

きゃらさんからの返信(2014/02/18 16:09) レギュラー会員

marohinaさん、
あたたかいメッセージを有難うございます。
あれからドタバタと動き、今日、母は入所していきました。
早く、お礼コメントと思いながら、遅くなりましたが、marohinaさんのメッセージに、とても励まされていたことを、お礼いたします。

やはり歩ける人は、ほとんどいませんでしたが、習字や、塗り絵など時々させてもらえるようですし、私も、できるだけ顔を出して、母の好きなデザートを一緒に食べようと思います。
marohinaさん、有難うございます

marohinaNYさんからのコメント(2014/02/13 21:43) レギュラー会員

きゃらさん、
要介護度上がってすぐに入所が決まったなんてとても幸運だと思います。
特養施設で介護ヘルパーやってる者ですが、皆さんなかなか入所出来なくて何か所もかけて申込みされています。

きゃらさんとずっとご一緒でディサービスなどを楽しんでこられたお母様にとって特養入居は物足りない部分があるかも
しれませんね。でも四季折々の行事や、通常の機能訓練、カラオケ、お習字やお絵かきなど、その施設ごとに工夫して
入居者さん達を退屈させない様にやっていますので積極的にどんどん参加なさってみて下さいね。
歩ける入居者さん達は普段からフロアー中を散歩されてますし、ご家族がいらした時は一緒にお出かけも楽しんでらっしゃいます。
特養施設ならご自分のお部屋にTVやPCその他なんでも好きなものを持ち込めますし。

きゃらさん、8年間も在宅介護で本当にお疲れ様でした。
これからはきゃらさんご自身の趣味やご友人達とのお出かけなど、ご自分へのご褒美だと思って
楽しんで下さいね。

最初 << 1 >> 最後

とじる

※ 会員登録する前に、利用規約個人情報保護方針をご確認ください。

既に会員の方はこちらからログインください。