介護の不安を解消できる「安心介護」専門家に無料で相談

安心介護トップ > 介護日記 > まめさんの日記

まめさんの介護日記

会員登録
はじめての方へ

ログインはこちらから

日記を投稿する

公開

2017年07月08日 義父のショート初訪問。

投稿者:まめ レギュラー会員

昨日は義父と義母のショートステイ先へ行ってきた。
義母と同い年の義父。お世話になってもおかしくない年なのだが、今までご縁なく(?)初めての訪問だった。
義父の第一声は「初めて入ったが、でっかい建物なんだなあ~」

玄関から義母のショートのエリアまでは長い廊下を歩いて行かねばならない。
義父は杖をつきながら休み休み歩いて行った。
ゆったりとした雰囲気のショート。
義父は想像していた施設とは違い、よい印象を持ったようだった。

義母は嬉しかったのか「えーん」と泣いた。
時々送迎に来てくれる黄金ペアの男性の方の職員さん、「あ~、〇〇(義母)さん泣いちゃった。」和やかな空気に包まれた。

介護士さんが麦茶を持ってきてくださった。
義母に進めたのだが「まだいい」と首を横に振った。
そして私に「先に飲んで」と。

「じゃあばあちゃん、先にもらうね」麦茶を頂いた。
「先に頂いたよ、ばあちゃん。ばあちゃんも飲む?」
こくっと頷いたので、トロミのついた麦茶を介助して飲ませた。

義母は私が来たこと、義父を連れて来たことを労ってくれたのだと思う。
気持ちが嬉しかった。義母とは介護を通じて絆が出来ていたのだと思った。
私に何か事情があって今まで面会に来れなかったのを分かって待ってくれていたようだった。
このことは私にとってかけがえのない宝物のようなものになると思う。

相変わらず夫婦の会話はあまりなかった
たまたま知り合いのおばあちゃんがおり、義父が気付きそのおばあちゃんを通して会話をしていた。

今日は義母の尿カテーテルの管の交換日。
ショートに義母を迎えに行き、夫と2人で車に乗せて出発。
外来の処置室で交換をしてもらった。
ベッドに横になって処置をしてもらっている間に義母は寝てしまった。
「〇〇さ~ん」看護師さんが起こすも目が開かず
声を掛けながら体を起こして車いすに移乗した。
それからまた車に移乗。ショートに送り届けた。

今回カテーテルの管の交換は初めて。
会計でどれくらい掛かるか分からないので念のため途中でATMに寄ってから行った。
支払いは、100円。
聞くとショート滞在中なので処置料のみの支払いでいいのだそう。知らなかった
これが自宅からの通院となると診察料が掛かるのだという。
へえ~そうなのかだった。

2017年07月08日 12:01

あなたの感想を投票しましょう

この日記へのコメント

まめさんからの返信(2017/07/10 05:40) レギュラー会員

モモプリンさん、おはようございます。
体の調子は戻りました。出来ることはやって後悔のないようにするつもりです。
色んなことをすぐに忘れてしまっても私を理解してくれていた義母に感謝しかありません。
ショートにいる義母は、うちにいる時より少し生き生きしていましたσ^_^;
家に居れば義父のエアコン嫌いに巻き込まれてしまいます。ロングショート。これで良いのですo(`ω´ )o

最初 << 1 >> 最後

とじる

※ 会員登録する前に、利用規約個人情報保護方針をご確認ください。

既に会員の方はこちらからログインください。