介護の不安を解消できる「安心介護」専門家に無料で相談

安心介護トップ > 介護日記 > お気楽主婦さんの日記

お気楽主婦さんの介護日記

会員登録
はじめての方へ

ログインはこちらから

日記を投稿する

公開

2017年06月14日 排便問題(6/13)

投稿者:お気楽主婦 レギュラー会員

火曜日は舅姑の訪問看護の日。
夜中にトイレに行ったお陰で、舅は9時過ぎまでゆっくり眠っていた。
6回吸収の尿取りパッドの限界を超えて、シャツやパジャマが多少濡れてしまったけど
夜中にパッド交換をしていなかったら大洪水だったろうから、この程度で済んで良かった。
本人は気付いてないようだったので、パジャマから洋服に自然に着替えさせた。

舅の訪問看護はいつも通り。相変わらず胸のあたりがちょっと痛いと気にしているけど
押さえたら痛いくらいなら様子見で大丈夫だろう。何かあっても93歳という年齢も考えて
積極的治療はおそらく選ばないと思う。

問題の姑は、やっぱり排便の有無がわからず。
腸の動く音が小さくお腹も張っているということで、金曜日に先延ばしにした座薬を
入れることになった。私でもできるけど、後で状況を全て報告するのも大変なので
座薬を入れるのは看護師さんにお願いした。座薬を入れてさらにラキソベロン25滴と
言われたけど、それは排便状況を確認してからにしますと断った。

優しい男性看護師さんで、帰り際に私の母のことを心配して聞いてくれた。
大体のことを話したら、あまりにも急な認知機能の低下に驚かれていた。
5分ばかり私の愚痴に付き合ってもらったが、トイレをこらえきれなくなった姑に呼ばれ
看護師さんを見送った。

座薬を入れる時に、もう肛門付近まで便が下りてきているということだったので
急いでトイレに連れて行って介助。「座薬が溶けるまでできるだけ我慢してね。」と
姑を便器に座らせて戸を閉めた。20分以上経ってようやく呼ばれていくと「出んよ。」と
困ったように言う姑。仕方がないので手袋をはめて、肛門から指を入れてチェック。
小さな塊がポロンと出た後は、指の届く範囲に便が無かったのでそれで終了。
便器の中には小さな塊が2つくらい出ているようだった。水様便もあったのか、水が
濁っていたからハッキリとは確認できなかったけど。

体重は45.2kgとさほど増えてなかったし、便秘じゃなくてガスが溜まってただけかも
しれないと思った。念のためラキソベロン20滴を飲ませて、看護師さんに報告の電話。
医師に報告した後だと25滴と言われると思ったので、それは多過ぎると思った。
姑には口直しにヤクルトを1本飲ませた。

昼食は買ってきたお好み焼きにした。かなり大きめの肉玉そばを舅姑2人で半分こ。
2人ともしっかり完食+御飯も食べた。炭水化物のオンパレード(^-^;

今日は透析の日だから、兄はおそらく母の病院には行ってないだろう。
母はどうしているだろうか? ベッドに張りつけにされてミトンをはめられてるのかな?
また唇はカサカサに乾燥してるのかな? ちゃんとオムツに排泄できてるかな?
考えてもどうにもならないから考えないようにしようと思っても、ふとした瞬間に
思い出してせつなくなる。

夕方からはカープの試合観戦。試合を観ながら舅姑の食事の支度をしたり、自分の食事を
したりしてる間は、母のことは忘れていられた。見事な投手戦で勝利\(^o^)/
思わずよっしゃー!!と声を上げて拍手
録画していた日曜日の番組でojityannさんの華麗な水切りを観て、またまた笑顔♪
大丈夫、大丈夫。ちゃんと切り替えができてる。そう思いながら舅姑の夜の介助。
全て終えて2階に戻ったらどっと疲れが出た。

夫の食事が終わった後は、お風呂にも入らず寝落ち。
深夜2時前、下から聞こえる声で目を覚ました。「トイレのスリッパがないけえ。」という
姑の声。スリッパがないってどういうことよ?と寝ぼけたまま考えていると、舅の
怒鳴り声が加わって喧嘩が始まった。慌てて飛び起きて1階に駆けつける。

姑がトイレで間に合わず便失禁。スリッパで便を踏んでしまって、ちょっとした惨状。
補聴器を外している姑に声は届かないので、片付けは私がやるから着替えるようにと
ジェスチャーで伝えながら新しいリハパンを手渡した。
トイレ掃除をしていたら、強烈な胃の痛みがしてきた。気持ち悪くて吐きそうとかじゃなく
キリキリとする激しい痛み。こりゃヤバいな~と思いつつ、胃を擦りながらトイレ掃除。

1人で着替えられないと姑が呼んでるので急いで駆けつけ、着替えを介助。
リハパン、ズボン下、パジャマのズボンを穿かせてOKサイン。
舅に「お義父さんも寝ていいですよ。」と言うと、「わしゃあ、トイレに行きたいんじゃ。」
とか言う。「夜中の2時ですよ!」と言いたいのを堪えて、急いでトイレ掃除を終えて
車椅子で舅をトイレへ連れて行く。時間なんてお構いなしの排便。
お尻を拭いて紙オムツを穿かせようと思っても、狭いトイレでは上手くいかない。
パッドを交換して緩めに穿かせた紙オムツを、ベッドできちんと穿かせ直す。
夜はリハパンより紙オムツの方が漏れにくいけど、トイレに行くと本当に面倒。

2人を寝かした後でもう一度トイレチェック。ここで初めてトイレの臭いチェック。
無意識に口呼吸をしていたのか、そこまでは便の臭いは気になっていなかった。
まだ絶対どこかに付いてる臭い。確認すると便座の裏にベットリ。
なんで裏に付くのよ…???汚れたリハパンが便座の下から当たったんだろうね…

2階に戻っても胃が痛過ぎて眠れそうもない。ゴム手袋ははめていたけど、薬用石鹸で
ゴシゴシと手を洗って、ホットミルクを1杯とガスター10を飲んだ。
こうやって日記を書いてるうちに胃の痛みはなくなった。
さて、お風呂に入ってこよう。上がったら髪を乾かしながらお仲間の日記でも読んで
少しは寝る時間が残ってるかな…。
はぁ~、お風呂場に便が付いたパジャマを置きっ放しにしてるから、洗わなきゃ。
やだやだ、また胃が痛くなりそう

2017年06月14日 03:26

あなたの感想を投票しましょう

この日記へのコメント

お気楽主婦さんからの返信(2017/06/14 12:27) レギュラー会員

たくままさん、こんにちは
育児をしながらのトリプル介護なんて、想像しただけでゾッとします。
よく頑張ってこられましたね。
我が家は舅の排便はトイレに連れて行って介助しないといけないけど
昼間のリハパンの時ならそれほど大変ではなかったんですけどね…。
夜中の排便が続くようだとさすがに持たないな~と思いました。
姑の方は基本的にトイレは自立なのですが、排便があったかどうかを
本人が記憶できないので、もしも何週間も出てなかったら大変だと
周囲の人間(私、看護師さん、お医者さん)が勝手にヤキモキしてます。
摘便や下痢便失禁は一気にパワーを奪われますね。それが深夜ともなると
もう拷問かと思っちゃいます。幸い、2人とも弄便がないのが救いです。
育児と介護の両立は本当に大変ですよね。うちは育児は一段落だけど
今年は娘の大学受験が重なってるので、それはそれで大変で…。
お互い、自分のことも労わりながら頑張りましょう!


ウィルさん、こんにちは
火曜水曜と舅姑の在宅が続く日は、どうしても気が滅入ります。
胃の痛みはやっぱり母のことが原因でしょうね。
昨夜はちょっと厄介でしたが、基本的にはお気楽家は安定期です。
失禁だろうがなんだろうが、姑の排便が確認できたのも良いことだし。
片付けの最中や直後はそんなこと思えませんけどね…σ(^_^;
私も胃潰瘍が怖いなぁと思うのですが、食欲はあって食べてると楽なので
胃潰瘍よりも肥満や糖尿病の方が危険かもしれません(>_<)
でも今は、スイーツでも食べなきゃやってられないかな~


ねずみさん、こんにちは
確かに、自分が自覚している以上のストレスが掛かってるんでしょうね。
ねずみさんのコメントで思い出しましたが、父が末期のすい臓癌で
入院していた時も、新幹線で見舞いに行ってましたが、まだ娘達が幼く
大変でした。病院に泊まり込んでいる母よりは楽なのだからと、自分に
言い聞かせてましたが、突発性難聴を患ってしんどい思いをしました。
これまでは、極度のストレスがかかると耳鳴りや耳の痛み、頭痛やめまい等
首から上に症状が出ることが多かったけど、胃もなかなかに辛いです。
これ以上抜けないくらいに手を抜いてますが、なんとか母のことを
忘れる時間を確保していこうと思います。でなきゃ胃が持ちません


ojitaynnさん、こんにちは
相変わらず見事な水切り、楽しませてもらいましたよ♪
石のPRということで、水切りの楽しさを伝えたいojityannさんには
物足りない編集になってたかもしれませんが、きっと放送後には
いろんな河原で子ども達が水切りを楽しんだんじゃないかと思います。
昨夜は久しぶりの修羅場体験となりましたが、こんな経験があるからこそ
母のことも冷静に受け止められているのだと思います。
少々のことでは驚きませんもんね。
舅姑の介護では、できることは十分にやっているという自負があるから
自分が楽しむことに遠慮も罪悪感もなかったけど、母のことを思うと
私が傍に居れば…と考えてしまって、こんな時にテレビを観て笑ってる
自分にちょっと後ろめたさを感じてしまいます。
これはもうしょうがないことだと割り切って、休める時は心身ともに
休まなきゃいけない、笑うことも楽しむことも余裕を持って介護する為に
大切なことだと頭ではわかってるつもりなんですけどね。
悩んでもどうにもならない時、自分のためにしっかり遊べる余裕を
失わないように、それが今の私の課題かもしれません。
年に数回しか顔を見せなかった親不孝者です、今さら薄情娘と言われても
怖くないと笑い飛ばせればいいのですが…。

ojityannさんからのコメント(2017/06/14 10:29) ゴールド会員

お気楽主婦さん おはようございます。
胃が痛くなるのは困りますね。ケアマネさんに聞いたことですが、
介護で胃潰瘍になる人もいるようです。これが何度も続くようなら
施設を考えないといけなくなります。今回はお母さんのこともあり
ましたし、心労が重なっていましたからね。本当にお疲れ様です。
私は緊張でも、介護でも、胃が痛くなることはありませんが、頭が
真っ白になることはあります。県のメディア業界のホームページ
コンテストで私が1位になった時でした。授賞式の最後に、挨拶を
お願いされました。何故私が1位なのかも納得できませんでしたし、
そんな経験もありません。お偉いさんの前で、私の頭は真っ白です。
それでも私は、やぶれかぶれでピンチを乗り越えた経験もあります。
消えたいような恥ずかしい思いや自尊心ズタズタの経験もあります。
殿の介護が始まる前でしたが、やぶれかぶれで。思い切って本音を
話したら、妙に受けたりして「これで良いのだレレレのレ」と
いうことになりました。それは自信が付いたわけではありません。
何を言っても殺さることはないという、脳天気に他人を信じる力です。
「今更バカは怖くねえ」という殿のお言葉が遺伝していたということ
でしょうね。自分を低く設定する殿の態度は、まんざらポーズでは
なかっと感じます。介護もそれで乗り越えた気がします。おほほ 

ねずみさんからのコメント(2017/06/14 09:32) シルバー会員

お気楽主婦さん、いつも本当にお疲れさまです。

胃が痛くなったとのこと、
ご自分が思う以上に、
ストレスがかかっているのだと思います。
くれぐれもお気をつけください。

私の母がガンになり、
遠距離看病していたとき、
切り替えも出来ていて、心持ちも覚悟していたと、
自分では思っていたのですが、
突然歯が猛烈に痛くなり、辛かったことがありました。
知らず知らずに、
ストレスがかかっていたのだと思います。

とにかく、寝られるときは寝て、
水分をしっかり摂られて、
手抜きできることは手抜きをして、
ご自分を労わってあげてくださいね。

ウィルさんからのコメント(2017/06/14 09:28) レギュラー会員

おはようございます。
本当にお疲れ様です。今は忙しい時間帯ですね。

お母さんの心配だけでも胃が痛む思いでしょうに、こんな大変な排便問題まで・・・
次から次へと、息つく暇もないって感じですね。
薬で治ってる間はいいけど、潰瘍にでもなったら大変ですよ。
お気楽主婦さんが元気でないと、お気楽家は廻りませんものね。
ゆっくりできる時は少しでも休養して下さいね。

たく ままさんからのコメント(2017/06/14 08:07) レギュラー会員

お疲れ様です。うちも、排便問題抱え中です。
以前、義祖父(要介護3)を在宅介護していた時は、排便コントロールもよくわかっておらず、(私も乳児の育児中でした)下痢をしては、ベッドろう便したりと、大変でした。当事は、義祖母(要介護2)、姑(要介護2)も同居していました。
複数人の介護って本当に、大変ですよね。うちも、複数人居たときは滅茶苦茶でしたf(^_^;
少し目を離すと、義祖母が義祖父を寝かせたまま、(リクライニングベッドでした)義祖父に食事をあげようとしていたりして (*_*)
慌てて止めていました。こっちは、息子の離乳食もあったし、てんやわんやでした。

最初 << 1 >> 最後

とじる

※ 会員登録する前に、利用規約個人情報保護方針をご確認ください。

既に会員の方はこちらからログインください。