介護の不安を解消できる「安心介護」専門家に無料で相談

安心介護トップ > 介護日記 > うんざり子さんの日記

うんざり子さんの介護日記

会員登録
はじめての方へ

ログインはこちらから

日記を投稿する

公開

2017年06月12日 梅干し事件 悪化の一途

投稿者:うんざり子 シルバー会員

 3月に、突然、義母の漬けていた梅干しを盗っただろう、と言われ始めた。
 私は自分でも梅干し漬けてるし、主人しか食べないので余って困っているぐらいなのに。
 義母が、あのバケツのような容器に梅干しを入れているのも知らなかったのに…。

 ムカついたが、まあ、その内、お互い忘れていくだろうと思っていたのだが、
それからというもの、義母の気分がブルーな時、何かでスイッチオン状態になったとき
”梅干しなんか盗って、何なんよ!”とか
”ものがなくなるような家ではつまらん!”とか
”手癖の悪いのは遺伝するから、嫁にもらうなと昔の人は言っていた”とか
”そう言えば、不思議なことがよくあった(ものがなくなったということ)”とか
”胸に手を当てて考えてみろ!”とか
”反省せないかん!”とか
”あなたが盗ったなんかいってないのに、その狼狽ぶりはやましいからだろう”とか
”な~にをぷりぷりしてるん?正しかったら、怒ったりせんだろう”とか
”泥棒のいる家とは近所の人もかかわりあいたくないやろ!”とか

それはそれは、冤罪に会った気分で過ごしていました。

で、この間、義母を買い物に乗せて行っていた帰りの車中で
”梅干しを盗られたから、梅をつけようと思ったのに、梅がなかった・・・”から始まって
”あなたが盗ったなんて言ってないやろ”と言ったり、
”家には3人しか(義母・主人・私)いないんだから、あなたしか考えられないだろう”とか
堂々巡りの犯人扱い。

事故るんではないかと思うくらい猛スピードで家に帰って
”次からは、買い物、タクシーで行ってください!”
と言い捨てた。
”はい、はい”
と、あしらったような言い方をする義母。

それから約5日。
もう、向こうから言ってくるまでは、世話はしない!と思っているのだが、
まあ、口も体も年齢の割に達者といえど、痴呆の入り口に入っていることは間違いないので、気にはなる。

2~3年前に、突然
義母が私に”面倒なんかみてあげん!”と言われた、と大騒ぎをし
惣菜など時々持って行ったのも
”面倒見てやらんと言われた人が作ったおかずをたべるときの惨めな気持ち!よよよ…(泣)”
なんて、梅干し泥棒のついでに、スイッチオンの時に出てくる。、

何でこんなこと言われながら、もともと他人の義母をみないといけないのだろう?!
私が、義母に何をしたっていうのだろう?!と
身震いするくらい腹の立つことの連続。、

まあ、とにかくしつこい!!

2017年06月12日 15:51

あなたの感想を投票しましょう

この日記へのコメント

まだコメントがありません
とじる

※ 会員登録する前に、利用規約個人情報保護方針をご確認ください。

既に会員の方はこちらからログインください。