介護の不安を解消できる「安心介護」専門家に無料で相談

安心介護トップ > 介護日記 > ちゃんもとさんの日記

ちゃんもとさんの介護日記

会員登録
はじめての方へ

ログインはこちらから

日記を投稿する

公開

2017年04月20日 施設が無いらしい

投稿者:ちゃんもと レギュラー会員

昨日は父親の入院先の病院にて、

母親、ケアマネさん、ソーシャルワーカーさんの

4人にて、今後のことについて話し合った。



真っ先に、現状の課題としては、

自宅への帰宅にあたり、

父親を受け入れてくれる施設を

探すことの困難性について

知ることとなった。





糖尿病のインスリン注射に対応可能な施設が

そう簡単に無いということ



24時間看護師在中で無いと、

たとえ自己で注射ができる状況であっても、

施設側では受け入れてくれない。



ましてや、自分で注射が出来ない状況になると

これはもう介護施設での対応は不可・・・



ということになる。







これは思った以上に深刻な問題で、

昨夜は結局23時ごろまで、実家近くのレストランで

今後のことについて話し合っていた。





初めて会ったケアマネさんの印象は

非常に頼もしい印象を受けた。



しかしながら、よくこんな厄介な高齢者の

担当を引き受けてくれるものだ・・・



ケアマネさんに100%頼るつもりは無かったが、

いまの状況では、行政から委託を受けているのは

地域包括センターや、介護事業者の皆さんであり、

最終的な施設運営さえ、そちらの判断に頼らざるを得ない。





施設が無ければ、自宅療養と言うことになり、

その自宅に住んでいる母親が、真っ先にその介護施設の

従業員と言うことになる。



それも自身も健康不安を抱える、かなりの高齢労働者である。



ましてや逃げ場の無い、24時間の強制労働である。





こんな重労働は、給与所得のある施設従業員にも、

到底はあり得ないだろう。



早めに強制労働から退去してもらうこと



真っ先に、そのことをどうすべきか・・・

それを考えることが、いまの自分の役目のような気がする。

2017年04月20日 22:03

あなたの感想を投票しましょう

この日記へのコメント

まだコメントがありません
とじる

※ 会員登録する前に、利用規約個人情報保護方針をご確認ください。

既に会員の方はこちらからログインください。