介護の不安を解消できる「安心介護」専門家に無料で相談
  • 介護の相談
  • 共感広場
  • 介護日記
  • 介護の記事
  • 福祉用具の相談
  • 施設検索・口コミ
  • 介護リフォーム
  • 介護の食事

安心介護トップ > 介護日記 > れいちさんの日記

れいちさんの介護日記

会員登録
はじめての方へ

ログインはこちらから

公開

2017年02月17日 特養での面談から感じたこと

投稿者:れいち

母をお願いしたいと考えている特別養護老人ホームの相談員さんとの面談、母の実態調査が終わりました。

事前に、何故今入居しているホームを出てそちらに移りたいのかはお話ししていたので、母本人とスタッフの方への聞き取りが主でした。

夫とは今のホームのことはその場では言わないようにしようと約束していましたが、スタッフさんが相談員さんに話していることがあまりにも現状と違うことを伝えており、納得できない内容で、我慢できず後から訂正してしまいました。

私は介護や看護の仕事は、指導、教育、学習、経験が大事だと感じています。
経験が浅くてもこれから沢山経験は積めるのだから、その職場で必要としている人材に近づくように、きちんと指導してくれる人、教育する場、学習する機会が必要だと思っています。
母が今いるホームはそれがとても足りないと感じます。
スタッフさんに、指導、教育、学習などしているのかもしれないけれどそれが見えません。
ホームページや施設内の掲示物でも取り組んでいることが発信されていないので、スタッフさん達の行動に疑問を感じても、仕方がないことと諦めてしまいます。
とにかく介護する側が優先されている、自分達の仕事を優先している、必要最小限の仕事しかしない感じなのです。
幾つも系列の介護施設があるのに何故でしょう?
忙しすぎるのでしょうか………
国で決められた数のスタッフさんではこなすだけで精一杯ということなのでしょうね…

もう少し入居者に…母に寄り添ってくれていたら移動は考えなかったと思います。

スタッフさんが相談員さんに話している内容を聞き、やはり移動すると決めたことは間違ってはいないと確信することが出来ました。

移動希望しているホームは、スタッフさんへの指導、教育、学習についてどんなことを行っているか発信していて、定期的に更新もされます。
それが選んだ理由の一つでもあります。
働いている人がどんな人かは分からないけれど、働く人を育てる環境が整っていれば少しでも安心できるから!
介護経験が浅い人がいても、学ぶ時間を設けてあり、それが実践に繋げられて、失敗することがあっても次に活かして経験を積んでいければ、後々頼れる介護者さんになると信じています。
育つため、育てるための環境が大切!
環境を作るのは誰でしょうか?
難しいことだけど頑張ってほしいと思います。
いつか自分達がお世話になるかもしれないのだから…

母の引っ越しは少しずつですが近づいてきている気がします♪
いつ呼んで頂いても大丈夫なように準備をしておこうと思います。

2017年02月17日 01:20

あなたの感想を投票しましょう

この日記へのコメント

まだコメントがありません
とじる

※ 会員登録する前に、利用規約個人情報保護方針をご確認ください。

既に会員の方はこちらからログインください。