介護の不安を解消できる「安心介護」専門家に無料で相談
  • 介護の相談
  • 共感広場
  • 介護日記
  • 介護の記事
  • 福祉用具の相談
  • 施設検索・口コミ
  • 介護リフォーム
  • 介護の食事
  • 法律・税の相談

安心介護トップ > 介護日記 > まめさんの日記

まめさんの介護日記

会員登録
はじめての方へ

ログインはこちらから

日記を投稿する

公開

2017年01月10日 キャー(≧▽≦)

投稿者:まめ

今日は義母はデイサービス休み。
朝少量の排便あり。
ここ2日間、朝起きると義母の顔にどこかで擦ったようなあざができていて心配した。
「夜中にまた分からんくなった」と義母は行っていたのだが、今朝はあざは出来ていなかった。

我が家というかうちの近所では年末年始にかけて2か所の神様のお札をもらう。
午後、近所の奥さんが一番最後に届く神社のお札を持ってきてくれた。お金を払って受け取った。
いただいたお札を仏間で神棚のある部屋に持って行った。

ギョギョッとした。

先だって一昨日お祓いをしてもらい受け取ってきたお札が座敷に散乱していた。
年末に届いた妹夫婦からのお歳暮を仏壇の前にあげていたのだが、お歳暮にかかっていたのし紙がぐちゃぐちゃになっていた。
義母が「夜中に分からんくなった」というのはこのことだったのか
とりあえず片付けて元通りにした。

ぐちゃちゃにされないうちにお札を神棚に上げなくては

夜中に起きて混乱したか、それとも暗闇の中で方向が分からなくなったのかどちらかだと思うが
義母への接し方での対処は限界だな~
今までも混乱したのが原因と思われることが多々あったが少しすると収まった。
今度こそ続くような気がするしばらく注視しようと思う。

3連休は、何人かの知り合いから新年のご挨拶メールが届いた。
娘の高校での部活の保護者会で知り合ったママ仲間(皆、正月に食べ過ぎて太ったと言っていた)
今年も変わらずおつきあいを・・・との言葉が嬉しかった。
以前の職場の上司(女性)で公私にわたりお付き合いをさせてもらっていた人に新年のご挨拶メールを送った。
近々また夕ご飯を一緒に食べに行きませんか、との返信メールがきた。
もう辞めてずいぶん経つので恐縮した。
忙しい方なので私の都合に合わせるのは申し訳ない。
主人に相談したら「いつでもいいよ行って来たら?」と言ってもらったので
行ってこようと思う。

今朝はいつも義父母が飲んでいる牛乳を切らしてしまっていた。
近くのコンビニに買いに行ったら、以前の職場でお世話になった方に偶然会った。
なにかと縁があり仕事をよく頼まれていたのだが、「まめさん、ラブレター(←ガチの仕事の書類です)書いてきた。」とかそういうジョークを言って下さる方だった。
久しぶりに会い担当が若い子に変わったことを話すと「俺はまめさんが良かった」とまた男前な事を言ってくれた。朝からにやっとした。
残念ことに私はスッピンだったまあ、塗っても塗らなくても元が元なので変わらないのだが、かなり恥ずかしかった

以前の勤務先の職場の人が良い人ばかりで恵まれていた。
人の役に立てる仕事でやりがいを感じて仕事をさせてもらっていた。
もし叶うならばまたそこで働ければという思いがある。そのことが今は介護に専念するモチベーションの一つになっている。

家に帰ると義父母の世話が現実としてある。
くじけそうになることばかりだが、そんな中でも嬉しいことを数えていければいい。
嬉しいことがなかった日には「こういう日もある」と思っていればまた嬉しいことにも出会える。
そんなふうに思って一日一日を過ごしたい。

2017年01月10日 18:03

あなたの感想を投票しましょう

この日記へのコメント

まめさんからの返信(2017/01/12 10:55)

とうしゃんさん、ありがとうございます。

この間、何で「出掛ける」がNGワードなのか理由が分かったんです。
出掛けた家のもんが帰ってくるまで心配でたまらないのだそうです。それに以前から自分が出かけるのはオッケーで家のもんが出かけるのは面白くなくて。懐の狭い義父でしたねえ~。
それ加えて年齢を重ねて理性が働かなくなってきたもんだから「ムギューッ」となるようです。
口が悪いのは家で農家をしていあまり社会に出ず、家近所が義父にとって社会。遠慮なしに言いたい放題だったからのようです。
それに義父はもともとあまり他人の考えを尊重するタイプではなかったような・・・
義父の気分が悪い時に病院や買い物などの拠所ない用事で出かける時は「なんだと!出てばっかりいて!」ってなることがありそうです。実際に文句を言われることもありました。
ヒドイですけど、本人にとっては何ともないことなのでもうどうしようもない・・・と思うここ数年です。
出来るならば義父が一生介護が必要なければお互いに幸せなんですけどねえ~。

お義母さんの排泄の失敗が多くていらっしゃるのは大変だと思います。
我が家もそうだったら私もイライラしてしまいます。
こちらこそ頭が下がります。

ゆっくり休み休みいきたいですね

とうしゃんさんからのコメント(2017/01/11 19:59)

 まめ様、お疲れ様です。
お義母様の介護だけでも大変なのに、お義父様の暴言に耐えながらの生活・・
頭が下がります。
 そっと出かけないといけないなんて、気が休まる訳がないです!
用事で外出される時も、そっと~との事なので、
「病院へ行く」「買い出しへ行く」などもNGなのでしょうか? 
お義父様、ご自分が悪くなられたら まめ様に看てもらう事になるのに、
ひどいです。
 ついさっき、義母が立ち上がった時に濡れていないかを看たら、
ズボンまでドボドボ。
イライラしながら着替えさせていた自分が恥ずかしいです。
 読ませてもらい、思わずコメント書いてしまいました。
何度も申し訳ありません。
 くれぐれも、ご自愛ください。

まめさんからの返信(2017/01/11 13:41)

とうしゃんさん、こんにちは。
私のモチベーションなんぞはいい加減でして
叶わないかもしれません。専業主婦のままでいるかもしれません

我が家も義父は元気です。
足腰は少し弱っていますが(本人談)全然介助がいらないので助かります。
ですが暴言吐きでして
執拗にこき使われそうになったり、エキサイトすると「嫁のくせに」「出てけ」「このアマ」と、とにかく暴言の一切合切。
暴言スイッチに触れないように極力関わりを最小限に減らして暮らしてます。
きっと寂しさや不安感の裏返しなのだと思うのですけどね・・・。
義母がいない時に半日くらい出掛けることは我が家も可能です。
ただ「出掛ける」という言葉も義父にはNGワードなので、用事や息抜きに出掛ける時もそっと出かけて昼に戻り、義父と昼食を一緒に食べています。私自身人間が出来てなくてお恥ずかしい限りなのですが、なかなか上手に気を休めることができず今後の課題です。体育館のトレーニングジムで汗をかいてストレスを発散してます。

二人合わせて180才オーバーの義父母のお世話はなかなか例がないんじゃないかと思っており、私もとうしゃんさんからコメントをもらって嬉しかったです。
ぜひまた情報交換しましょう

とうしゃんさんからのコメント(2017/01/10 21:14)

 まめ様、毎日お疲れ様です。
子供がいない事を除くと、義父母が90歳代、義母が認知症・・と、
似た環境なので、勝手に親近感を持ってしまい、申し訳ありません。
 確か、お義父様はお元気なのですよね? 
うちの義父は、足腰が少し弱っているだけで、
今の所、介助は不要なので有難いです。

 良い職場にお勤めになっていたのですね。
職場の事がモチベーションで頑張れるなんて、素晴らしいですね。
食事会、ぜひ楽しんできてくださいね!
 
 私のモチベーション・・義父は短時間なら一人でも平気なので、
義母が居ない日は家を空けて気分転換できる事くらいです。
 まめ様とは大違いで恥ずかしいです。

お疲れがたまりませんように。

最初 << 1 >> 最後

とじる

※ 会員登録する前に、利用規約個人情報保護方針をご確認ください。

既に会員の方はこちらからログインください。